エドワード・ゴーリーの優雅な秘密展へ行ってきました

この間、伊丹市立ミュージアムで開催された「エドワード・ゴーリーの優雅な機密展」へ行ってきました。自分がエドワード・ゴーリーを知ったのは生徒の間で、お姉ちゃんに「ダークでおかしいピクチャーブックが残るよ」と言われたのが引き金でした。
ゴーリーの品物はどれも暗くて目茶苦茶なものがほとんどです。何ともない風貌をしてお客様をいたぶるような描写が数多く、ピクチャーブックといってもおとなターゲットだ。そういったゴーリーの品物ですが、特異は大いに良いものが多いです。ピクチャーブックの子どもたちは自分とぼけ顏で、不思議な架空の生物も」多彩登場します。とりわけとにかくブームなのが、「うろんな客人」の謎の生物だ。これは商品にもなっているのですが、断じて見かけない結果、館内の商品サロンはお客様であふれかえっていました。位置づけカードはほとんどの人が購入していました。トートバッグとマグカップ、セル挿絵、iphoneケースも欲しかったのですが、額面を見て失敗しました。ネットでもゴーリーの商品はかなり見つからないので、購入しておけばよかったかなと、今更の後悔だ。http://nyota.co/musee-vio/