真冬の受験はインフルエンザを乗り越えてから

今日、友達からメールが来ました。
明日の参観日に行けなくなったとのことでした。
「一番下の子がインフルエンザにかかったから、ごめんなさい。またあそびにきてね。」

そのまま読んだら、「たいへんだ。早くよくなってね。」と返します。
しかし4人兄弟だから、「みんなにうつらなかったらいいね。」と言いたいところです。
でも、彼女の一番上の子は、高校受験です。
ここには、ふれることができませんでした。

親も初めての受験はたいへんなものです。
せとぎわの、4日後にある大切な日を
ふつうに、できるだけ普通に迎えることができるように、
こころから、祈るばかりです。

いつも思うのですが、センター試験や、中・高校受験はこの時期なんですね。
体調を整えても、ばい菌は無情に人伝いにやってきます。
ましてや、家の中に感染者が出ようものなら、たいへんです。
我が家も、主人を隔離しました。
主人は、うつしてはいけないと、消毒はもちろん、手袋をしましたし、
私も消毒のスプレーをしょっちゅうもっていました。

受験を他の季節にできないのでしょうか。
海外では真冬じゃないのに。

そう思うのは、私だけでしょうか。妊娠 葉酸 ベルタ 店頭販売